忍者ブログ
2008年北京オリンピック以前より中国と日本を行き来しているスタッフが様々なニュースを織り交ぜ人民元の価値をプロデュース!人民元の底力をご覧下さい。

中国、元取引を欧州時間まで延長へ=関係筋

中国の外為市場は近く、人民元の取引時間を延長し、終了時間を現地時間午後11時半(1530GMT、日本時間翌日午前0時半)とする。

 


関係筋がロイターに明らかにした。
人民元取引は現在、現地時間午後4時半(0830GMT、日本時間午後5時半)までとなっている。

関係筋によると、欧州の取引時間をカバーすることが目的。
また、人民元の国際化や、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)への人民元の組み入れに弾みをつける狙いもある、としている。

中国人民銀行(中銀)のコメントは、現時点では得られていない。

HSBC(香港)のアジアFXストラテジスト、ジョイ・チュウ氏は「IMFはこれまでロンドン市場での取引時間における人民元の流動性に懸念があるとしてきた。というのもSDRの通貨バスケットの算出はロンドン時間午後12時に行われるが、現在その時間帯に中国市場での取引は行われていないからだ」と指摘した。

上海に拠点を置く銀行のシニアトレーダーは「取引時間が延長されれば、人民元は欧州市場を含め国際市場に一段と沿った動きとなり、世界的な反応を一層吸収しやすくなるだろう」と述べた。


------


2015年10月15日 ロイターニュースより
掲載元:http://jp.reuters.com/article/2015/10/14/china-yuan-tradinghours-idJPKCN0S80VF20151014
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [98]  [97



PR
上海へ留学や転勤、赴任などを予定されている方はこちらから 下見、住まい探しや準備に関するサポートはお任せ下さい。
ブログ内検索
スポンサードリンク
最新コメント
忍者カウンター
スポンサードリンク



Copyright © world.v-kei.net All Rights Reserved. 忍者ブログ [PR]
忍者ブログテンプレート