忍者ブログ
2008年北京オリンピック以前より中国と日本を行き来しているスタッフが様々なニュースを織り交ぜ人民元の価値をプロデュース!人民元の底力をご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人民元が対ドルで2ヶ月ぶり高値、主要国有銀がドル売り=市場筋

25日の上海外国為替市場で、人民元CNY=CFXSが一時、約2ヶ月ぶり高値に上昇した。



為替操作国の認定見送りでも、中国が油断できない訳

トランプ米大統領は米紙のインタビューで、近く公表する外国為替報告書で中国の為替操作国認定を見送る考えを示した。
ただ、これで中国が難を逃れるわけではなく、米国は対中貿易赤字の問題に別方向から対処しそうだ。

オックスフォード・エコノミクス(香港)のルイス・クイジス氏は「大局的に見た場合、われわれが難局を抜け出したとは決して言えない。
為替はひとつの問題だが、米国があきらめたとは考えていない。
それどころか、対策を検討し始めるだろう」と話す。

トランプ氏は為替操作国のレッテル貼りを控えることで、北朝鮮の核開発問題への中国の協力を引き出そうとしているようだ。
中国が最近、為替介入を行っていないことを評価した側面もある。

中国外務省の陸慷報道局長は13日、同国は輸出促進を狙いとした通貨切り下げ競争を行わないと繰り返し、「米国と均衡のとれた貿易関係を促進するため、喜んで協力を拡大する」と述べた。


中国経済は総じて安定、世界経済は依然調整局面=人民銀

中国人民銀行(中央銀行)は1日、金融政策委員会の四半期会合後に声明を発表し、中国経済は引き続き「総じて安定」しているものの、「過小評価できない」複雑性に直面しているとの見解を示した。

人民銀はウェブサイト上に掲載した声明で世界経済について、引き続き世界金融危機を受けた調整局面にあると分析。
世界市場には依然として多くのリスクが存在すると指摘した。


人民元改革、中国の踏み出す一歩小さく

トウ小平が約40年前に中国で「改革開放」政策を推し進め、市場経済への移行を始めた際、同氏は自らの改革を「渡り石を探りながら川を渡る」ようなものと例えた。
人民元の鳴り物入りの国際金融市場へのデビューに関して言えば、中国は川の小石の上に一歩を踏み出したに過ぎない。

国際通貨基金(IMF)が31日に公表したデータによると、第4・四半期の人民元の外貨準備全体に占める割合は1%強だった。
IMFは今回初めて外貨準備における人民元の割合を公表。
約850億ドル相当の人民元外貨準備は、カナダドルの半分に過ぎず、ユーロの1兆6000億ドルやドルの5兆1000億ドルに比べるとほんのわずかだ。

中国政府はこれまで、外国中銀との通貨スワップ協定の拡大や人民元建て貿易決済の推進、国内株式・債券市場の海外投資家への開放などを通じて、積極的に人民元の国際化を推し進めてきた。

IMFはこうした取り組みを評価し、昨年IMFの特別引き出し権(SDR)に人民元を採用した。
これは、人民元が国際通貨としてIMFの「お墨付き」を得たことを意味する。





PR
上海へ留学や転勤、赴任などを予定されている方はこちらから 下見、住まい探しや準備に関するサポートはお任せ下さい。
ブログ内検索
スポンサードリンク
最新コメント
忍者カウンター
スポンサードリンク



Copyright © world.v-kei.net All Rights Reserved. 忍者ブログ [PR]
忍者ブログテンプレート