忍者ブログ
2008年北京オリンピック以前より中国と日本を行き来しているスタッフが様々なニュースを織り交ぜ人民元の価値をプロデュース!人民元の底力をご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中国の新規人民元建て融資、11月は予想上回る 年初来では過去最高

中国人民銀行(中央銀行)が発表した11月の新規人民元建て融資は1兆1200億元(1692億7000万ドル)と、前月から急増し、アナリストの予想を大幅に上回った。

前月は6632億元、ロイターがまとめたアナリストの予想は8000億元だった。


これを受けて1─11月の新規融資は12兆9400億元となり、金融システムのリスク低減に向けた政府の取り組みにもかかわらず、過去最高だった2016年の12兆6500億元を超えた。

ただ一部のエコノミストは、政府主導の「リスク回避」で総信用の伸びは鈍化するとみている。
キャピタル・エコノミクスの中国エコノミスト、ジュリアン・エバンスプリチャード氏は、総信用の伸び鈍化は先月強まったとし、これによる景気への圧迫がいずれ新たな金融緩和につながるとの見方を示した。

人民銀のデータに基づくロイターの算出によると、大半が住宅ローンである家計向け融資は11月は6205億元となり、前月の4501億元から増加した。

新規融資全体に対する家計向けの割合は55%となり、前月の68%から低下した。

企業向け融資は5226億元で、前月の2142億元から急増した。

財通資産管理のアナリストは、「堅調な企業需要で予想を上回った。特に中長期の企業・家計融資が急激に伸びた」と指摘。
当局によるオフバランス融資への規制強化で正規の銀行融資が伸びているほか、企業の起債が難しくなっていることも要因との見方もある。

11月のマネーサプライM2伸び率は前年比9.1%で、市場予想(8.9%)を上回った。
10月は1996年の統計開始以来の低水準となる8.8%だった。

11月末時点の人民元建て融資残高は前年比13.3%増加した。
市場予想は13.0%増だった。

11月の社会融資総量は1兆6000億元(2418億2000万ドル)、10月は1兆0400億元だった。

ロイターの算出によると、シャドーバンキングを通常構成する信託融資、委託融資、割引なしのバンカーズアクセプタンス(BA)は、11月に1730億元と前月の1070億元から増加した。

---

2017年12月11日 ロイター通信より
掲載元:https://jp.reuters.com/article/china-lending-nov-money-idJPKBN1E50UB?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29

この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131



PR
上海へ留学や転勤、赴任などを予定されている方はこちらから 下見、住まい探しや準備に関するサポートはお任せ下さい。
ブログ内検索
スポンサードリンク
最新コメント
忍者カウンター
スポンサードリンク



Copyright © world.v-kei.net All Rights Reserved. 忍者ブログ [PR]
忍者ブログテンプレート