忍者ブログ
2008年北京オリンピック以前より中国と日本を行き来しているスタッフが様々なニュースを織り交ぜ人民元の価値をプロデュース!人民元の底力をご覧下さい。

中国、成長鈍化でも現在の格付け維持可能=ムーディーズ

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスのアナリストは8日、中国のソブリン格付けについて、経済成長が鈍化しボラティリティーが高まったとしても現在の格付けは維持できるとの見方を示した。
 
   


アナリストのラウール・ゴッシュ氏は、ムーディーズが中国でカバーする約200の企業と銀行について、人民元相場が5─10%下落したとしても影響は十分に吸収できると指摘。
特に原油・天然ガス部門では、売上げをドルで受け取っているため、為替ヘッジ力は高いとの見方を示した。

ただ、不動産部門など、売上高の大半が人民元建てとなっている部門では為替変動による影響を受けやすい可能性があると指摘。
「人民元相場が10%を超えて下落した場合、不動産会社の信用度に何らかの影響は出てくる可能性がある」と述べた。

また、銀行部門についてムーディーズのスティーブン・ロング氏は、資産の質は明らかに劣化しており、不良債権は増加しているものの、利益は底堅く政府支援も存在しているため、均衡はとれているとの認識を示した。

ムーディーズの中国に対する格付けは現在「Aa3」、格付け見通しは「安定的」。
成長率見通しは2015年は6.8%、16年は6.3%。国際通貨基金(IMF)と同水準となる。

銀行部門の格付け見通しは「安定的」。


------


2015年10月8日 ロイターニュースより
掲載元:http://jp.reuters.com/article/2015/10/08/china-moodys-idJPKCN0S21P620151008?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [98]  [97]  [96]  [94]  [93]  [92



PR
上海へ留学や転勤、赴任などを予定されている方はこちらから 下見、住まい探しや準備に関するサポートはお任せ下さい。
ブログ内検索
スポンサードリンク
最新コメント
忍者カウンター
スポンサードリンク



Copyright © world.v-kei.net All Rights Reserved. 忍者ブログ [PR]
忍者ブログテンプレート