忍者ブログ
2008年北京オリンピック以前より中国と日本を行き来しているスタッフが様々なニュースを織り交ぜ人民元の価値をプロデュース!人民元の底力をご覧下さい。

中国首脳、米財務長官と会談


ガイトナー米財務長官が11日、北京で次の国家主席と目される習近平国家副主席や温家宝首相と会談。
人民元の切り上げや、核開発問題をめぐるイランへの制裁への協力を求めた。
秋の大統領選挙を控えて物言う姿勢を示したい米国に対し、物静かに指導者の交代を迎えたい中国は協調に腐心したが、イランを巡る対立は隠せなかった。





「あなたの訪問は、中国と米国の経済関係の安定化と強化につながるものだ」

習氏は11日朝、訪中したガイトナー財務長官との会談でこう語った。
ガイトナー長官も「中国に米国製品の輸出を増やす機会を楽しみにしている」と応じた。

米財務省は12月末に半年に一度の外国為替報告書を米議会に提出した。
中国を17年ぶりに為替操作国に認定するかが注目されていたが、財務省は今回も認定を見送った。
ただ、人民元には対ドル相場で「大幅に過小評価された水準にある」とクギを刺し、切り上げ加速を強く求めた。

今回の訪中でも米国側は人民元の切り上げの必要性を訴えた。
11月の米大統領選挙を控え、オバマ政権は、米景気のテコ入れにやっきだ。
緩慢な経済成長から抜け出せない中で、中国への輸出拡大は、米国内での雇用拡大につなげる重要な戦略の一部だからだ。

一方の中国は、人民元については米国が求める方向で改革を進める姿勢をアピールした。

ガイトナー氏の訪問を控えた9日。
「資本の流入と流出のバランスがとれたら、人民元の変動幅を拡大する」
中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は中国共産党機関紙人民日報などのインタビューに答え、人民元の切り上げにつながる規制緩和に言及した。


------


2012年1月12日 朝日新聞13版より
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13



PR
上海へ留学や転勤、赴任などを予定されている方はこちらから 下見、住まい探しや準備に関するサポートはお任せ下さい。
ブログ内検索
スポンサードリンク
最新コメント
忍者カウンター
スポンサードリンク



Copyright © world.v-kei.net All Rights Reserved. 忍者ブログ [PR]
忍者ブログテンプレート