忍者ブログ
2008年北京オリンピック以前より中国と日本を行き来しているスタッフが様々なニュースを織り交ぜ人民元の価値をプロデュース!人民元の底力をご覧下さい。

日本への自由旅行が大人気 中国

東日本大震災で激減した観光客を呼び戻そうと、日本政府は中国人への査証(ビザ)発給要件を緩和したことを背景に、今年の冬、日本へ自由旅行に行く中国の若者が例年に比べ増加している。
中国で大手旅行サイトを運営する「携程旅行」は、取材に対して、自由旅行は今年の冬の日本旅行の人気目玉商品で、ネット上で自由旅行に必要な各種商品を予約している人は、中国大陸部で毎月千人以上と明らかにした。
江蘇省揚州市の夕刊紙「揚州晩報」が報じた。




観光市場に関する取材では、今年の冬日本へ向かう中国人観光客は、主に富裕層や中流階級の人からなるツアー旅行を中心に急速に回復しており、観光客の年齢層は少しずつ低下、若い観光客の中では自由旅行を選ぶ人の割合も急速に伸びていることが分かった。
うちカップルでという人や姉妹でショッピングにという人、家族で冬休み旅行にというパターンが最も多い。

そんな観光客のニーズに応えるため、各旅行社は人々の財布のひもも緩む年の瀬も近づく昨今、新しく編み出した各種新商品を含む、さまざまな日本自由旅行のプランを発売。
うち携程旅行は、ショッピング好きの自由旅行愛好者のために、東京、大阪でのショッピングをテーマにした自由旅行を目玉商品として発売し、中国で広く普及している決済カード「銀聯カード」や「クレジットカードビザ(Visa)」を使うと特典が付いてくるなどのショッピング優遇制度も用意。
また、日本の北国の風景にあこがれる観光客のためには、人気の北海道トマム温泉・スキーリゾートや札幌、札幌+小樽、札幌+温泉旅館など各地の特色を組み合わせた各種北海道自由旅行を取り揃え、滞在時間もさまざま。
その他、「海の島でバカンスを」という人のために、新たな沖縄自由旅行プラン、コミコミ価格のクラブメッド 石垣島カビラビーチへの自由旅行を発売している。

日本自由旅行はコストパフォーマンスも高く、東京5日間の旅が約3千元(約3万6千円)からで、早めに予約すればなんと約2千元(約2万4千円)程度。
さらに申込者には最高800元(約9600円)の旅行券がプレゼントされるほか、沖縄旅行では4人1組で行けば1人分の料金が無料になるキャンペーンもある。
また、自由旅行につきものの悩みも解決しようと、各商品には1日ツアーや送迎車、鉄道チケットなどのオプションサービスも提供される。

携程旅行の統計によると、自由旅行を選ぶ客とツアーを選ぶ客では年齢層が大きく異なり、自由旅行を選ぶ人は20-40歳の若者や中年世代の人が圧倒的に多い。
同年代層の人は旅行の経験が豊富でネットを通じて調査したり予約したりすることに慣れており、高い経済・消費能力を有している
日本自由旅行の主な目的は都市観光やショッピングであるため、最も人気のある場所は東京で半分以上を占め、続いて大阪。
また、1回目の訪問で沖縄を滞在することを条件にマルチビザ取得の要件が緩和されたのを受け、海の島が好きな若いホワイトカラーの間では沖縄も人気。
その他、秋から冬にかけて、北海道自由旅行自も新たな人気スポットとなっている。(編集KN)


------


2011年11月21日 人民網日本語版より
掲載元:http://j.people.com.cn/94475/7651484.html


富裕層を中心とした中国の“お金持ち”の観光客が非常に多く訪れている昨今、そんな観光客向けのサービスとして観光地を中心に銀聯ブランド決済対応店が着々と増えてきています。
店舗での決済の他に、郵便局やセブンイレブンのATMでお金が引き出せる銀聯カードは、中国人観光客にとっては勿論、私達日本人にも数々のメリットを与えてくれます。
中国国内銀行発行の銀聯カードをお持ちの皆様は、是非もう一度、その有用性をお確かめ下さい。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8



PR
上海へ留学や転勤、赴任などを予定されている方はこちらから 下見、住まい探しや準備に関するサポートはお任せ下さい。
ブログ内検索
スポンサードリンク
最新コメント
忍者カウンター
スポンサードリンク



Copyright © world.v-kei.net All Rights Reserved. 忍者ブログ [PR]
忍者ブログテンプレート